株式会社サーフ・エンジニアリング

酷所検査にさようなら♪ 外観検査シンプルロボット「のぼるくん」

 

「のぼるくん」が活躍するのは社会インフラの保守・点検作業。

 

社会インフラといえば聞こえがいいが、そもそも保守管理の現場は人にとって過酷な環境がほとんどだ。そんな過酷な環境下で、人の手によってのみ作業を行うことは多大なリスクを伴う。

この長年の課題を解決するべく開発された画期的なロボットが、外観検査シンプルロボット「のぼるくん」だ。

人は自らの叡智によって困難を乗り越える。 私たちの社会インフラを支える現場でも、新たな技術革新がおこっていた。

フリーペーパーPATENAVI 7月号

Please reload

- 知財をメジャーにするメディア -

パテナビメディア

パテナビメディア