特許庁

日本を支える大きな柱

 

特許庁が提供している電子出願は25周年を迎え、電子図書館はJ-PlatPatとして生まれ変わり、さらなる利便性を追求できるようになった。

特許庁のシステムは、日本の知的財産業界におけるいわば巨大なプラットフォームだ。

民間における管理システムは多々あれど、それら全てが特許庁の提供するデータを基礎としている。業界に携わる者にとって、今やなくてはならないものだ。

システムだけではない。

制度、運用面、人員、教育など日本の知財立国化を促進するため、必要なインフラを怒涛の勢いで整えてくれている。

これが意味するところは、日本の産業を守り、国際社会における競争力を強化することに他ならない

 

日本を支える大きな柱「特許庁」

私たちはその柱のもと結集して、これからの未来を切り拓いていかなければならない。

彼ら一人一人の頑張りが私たちを支えている。

フリーペーパーPATENAVI 7月号

Please reload

- 知財をメジャーにするメディア -

パテナビメディア

パテナビメディア