株式会社東芝

東芝の歩みは私たちの歩みとともに

 

東芝の発明は私たちの生活を劇的に変化させてきた。

どの世代の人も東芝の製品を必ず目にしているはずだ。

炊飯器やテレビ。わずか数十年の間に驚くべき進歩を遂げた。これらの進歩に比例して、私たちのライフステージも一足飛びに飛躍していった。

昭和53年(1978年)に発売された世界初の日本語ワープロ「JW-10 モデル2」 当時の価格で6,300,000円と高額だった。

そして現代。 こちらは「仮想試着システム」 今や、実店舗に行く前にコーディネートが可能な時代となった。

コミュニケーションロボット「地平アイこ」 「からくり儀右衛門」と呼ばれた創業者『田中久重』氏から連綿と続く発明家の精神は、これからも脈々と受け継がれ、夢を形にしてくれるだろう。

フリーペーパーPATENAVI 7月号

Please reload

- 知財をメジャーにするメディア -

パテナビメディア

パテナビメディア